社会人ー仕事を休む勇気

喉の調子が悪いなぁと思っていたのが一昨日のこと。 それでもちょっとイガイガするくらいだったので普通に仕事。 けれど一日中喋り続けていた結果、やはり帰りには殆ど声が出ない状態に。 すぐに蜂蜜と薬を飲んで就寝しましたが、翌朝起きてみると声は悲惨な状態なまま。 全く出ない訳ではないので今日一日無理して頑張ることは出来るかも、、けれどここでで無理をしたらより悪化するのも目に見える。 声が出ない時の最良対処は、とにかく喋らないこと。 前回の教訓もあり、今回は早い段階で休みを頂く決断をしました。 日本だと特に、無理してでも頑張ることが偉いとか、反対に症状が軽い状態で休むのは甘いとか、、そんな風潮がある気がしますが、 やっぱり自分の体調のことをよく分かるのは自分だけ。 周りにどう思われるかよりも、自分の体調を優先して早めに休息を取ることこそ大人の対応だと感じます。 私自身、声こそ出ないけれど身体は動ける状態で休むことには、とても気がひけました。 けれど冷静に考えれば、声が出なければ何の役にも立たない仕事なので、 そんな状態で出社しても周りに気を遣わせるだけ、、そしてとても迷惑。 それならば、症状が重くないうちにしっかり休養して早急に復帰して、万全の状態で一生懸命取り組む方が何倍も正しい判断だと感じました。 というわけで昨日はお休みを頂き、一日身体に良いものを取りながらとにかく黙って過ごしたのです。 おかげで声はだいぶもとに戻りました! これならもう仕事も問題なさそう! あとはこ…

続きを読む

良いなと思う人に共通点あり

ただ今23時。 仕事が終わってだらだらとしています。 明日も朝早いけれど、やっぱり帰ってきて一息つく時間は必要だなと感じます。 本当に個人的なことですが、最近ふとおもしろいことに気が付きました。 接していて何だか好きだなぁ、素敵だなぁと感じる人、、大抵○○大学の出身の方なのです。(一応名前を出すのは避けますが) ここ数年の新しい出逢いもそうですが、過去に振り返って大学時代に何となく好感を持っていた教授やちょっと昔の知り合い、、そして著名人も含めて、、 自分が良いなぁと感じる人、蓋を開けてみると皆さん同じ大学の出身者。 だから何と言われればそれまでなのだけど。 自分の中で妙に納得してしまう部分があるのでした。 やっぱり惹かれることにも、反対に嫌悪感を感じることにも、、共通点ってあるものだな。

続きを読む

確定申告にてー素敵な出逢いあり

やらなければと思いつつ延び延びになっていた確定申告。 アメリカではネットを通じて自分自身で済ませることも可能ですが、今回は買い物ついでにスーパーに備え付いているTax Returnカウンターでお願いすることに。 この手の手続きはとにかく面倒に感じてしまう私なので、本当に重い腰を上げて向かったのですが、、 担当してくれた女性が素晴らしくて素敵な出逢いとなりました。 何と76歳の女性。 とてもそうは見えなくて、第一印象もすごく素敵だったのです。 品の良いジュエリーと明るくはきはきと、でもどこか謙虚で優しい雰囲気がとても私の好きな感じでした。(何だか上から目線のようですが) ふと話を始めたら、色々な意味で素晴らしい生い立ちをお持ちの方でした。 どうりで素敵な雰囲気を醸している訳だと納得。 それは単に育ちが良いとかの話ではなくて、経験していることだったり、心のあり方だったり、教養だったり、、。 ばりばりニューヨークで仕事をしていて、一度はリタイアしたけれど、やっぱり家でテレビと読書と家事を繰り返す生活は自分には合っていないと感じ、社会復帰したそう。 その他気がついたら1時間ほど世間話をしていたのですが、とにかく一つ一つの言動、話の内容に共感するものあり。 「Knowledge is power」「Family comes fast」というようなこともさらっとおっしゃっていて確かにと思いました。 私からこんなこと言うなんて滅多にないのだけど、今日はこの日のことを覚えていたくて、自ら…

続きを読む

自由形式